天才のからくりって知ってますか?

こんにちは!インフォ仙人です。

 

今日は、「天才」という人種についてお伝えしようかなと思っています。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング参加中です^^

あなたの応援が力になります!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

天才とはなんなのか?

天才という言葉、最近では「すげぇ、お前天才じゃん!」などのように俗的に使われますが、

 

一体天才とは何なのでしょうかね?

 

 

そもそも、僕らのイメージでは、天才というのは、

生まれ持った素質が飛び抜けている人のことをイメージするのだと思います。

 

 

でも、実際には違うということを最近知りました。

 

 

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

『天才!成功する人々の法則』という本をご存知でしょうか?

 

この本は、“天才”と呼ばれる人たちを科学的に研究し尽くした著者が、

天才とは一体何なのかということについて様々に論じている非常に面白い本です。

 

 

 

天才でも、育たなければ凡人に成り果てる

 

この本を読んで僕が感じたのは、

 

天才といっても、育った環境や周りの人達に恵まれなければ宝持ち腐れになってしまう

ということでした。

 

 

どんなに優れた才能を持っていても、

それを活かす場所がなければ、意味がなくなってしまいます。

 

 

それを活かす力こそ、今の時代には特に必要なのだと思います。

 

 

つまり、自分の能力をいかに周りの人間に認めてもらう努力をするか

 

 

これだと思っています。

 

 

ビジネスでも、JV(ジョイントベンチャー)などで、

自分に特別なスキルや能力がなくても、

能力のある人と組んでビジネスを成功させている人もたくさんいますから、

 

やはり、成功する人というのは、アピール上手であるとも言えると思います。

 

もっと言えば、コミュニケーション能力が高いということも言えるでしょう。

 

 

 

あなたの周りに、こんな人いませんか?

あなたの周りに、次のような人はいませんか?

 

 

本来なら能力もあって、仕事も出来るはずなのに、

(もっと言えば性格も悪くないのに)、

なぜか先輩や上司に怒られてばかりいる人。

 

 

または、悪い人じゃないんだけれども、

どういうわけか余計な一言などで周りに嫌われている人。

 

 

こういう人たちは、まさに“環境に恵まれていない”わけですが、

 

 

それは、自分がいかにそういう環境に持っていく努力をしなかったのか。

ということでもあるでしょう。

 

 

何偉そうに言ってんだよ!

 

と怒られるかもしれませんが、実際にはこのとおりで、

 

 

過去の自分が現在の自分を作っていることを認識しなければいけませんし、

いつまでも、過去にこだわったり、過去のせいにしていては、

いつまでたっても成長はあり得ません。


 

人は変われると思いますか?

ちょっと人生論的な話になってしまいますが、

 

人って変われると思いますか?

 

 

よく、世間では

「人はそう簡単には変われないんだよ!」

なんて言われますよね?

 

 

あなたも言ったことがあるのではないですか?


 

確かに、“簡単には”変われないでしょうが、

 

変われないことはないんです。

 

 

人は頑張れば変われます。

 

 

無知の知

 

人間が成長する上で最も重要なのは、自分の欠点を認めることなんです。

 

無知の知という有名な話がありますが、

 

 

自分の無知さ加減を自分で認めて、謙虚に勉強する姿勢を持つことは、

本当に重要ですし、最初にそれを実践した人は、将来的に必ずトップに立てます。

 

 

なんかちょっと自己啓発のような話になりましたが、

本当に重要なことですから、今一度考えてみてください^^

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

もしわからない事やご相談がありましたら、

いつでもお気軽にインフォ仙人までご連絡ください^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の記事があなたのお役に立てましたら、

↓↓是非とも応援クリックをよろしくお願い致します^^

※応援クリックって何?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

本日の名言

久々の名言やります!

 

 

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

 

 

言葉のとおりですね。

今知らないことを認めて、成長するという、典型的な名言です^^