Googleの新製品に学ぶビジネスのお話

10/22

 

 

米GoogleがChromebookというノートパソコンの新型を発表しました。


 

 

今回は、その新製品の詳細ページを見て気がついた事をお話します。

 

 

それは、ターゲティングについてのお話です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング参加中です^^

あなたの応援が力になります!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

Chromebookの詳細ページ

 

まずはChromebookの詳細ページを見てみてください。

 

>Chromebook の詳細

 

 

アフィリエイトをやっている身としてはなおさらですが、

 

ビジネスに関して、このページだけで学べることは沢山あります。

 

 

 

 

最初にパッと見て直感的に、

「このページで紹介しているのは、ノートパソコンである」ということが分かります。

 

 

次の項目には、

「セキュリティもついているし、色々なビジネスシーンで使える」

ということがメリットとして挙げられています。

 

 

最後に、

「費用対効果が高い」という、最大のメリットが語られています。

 

 

 

これらの分析は、今回の主旨とは少し違いますが、

アフィリエイトをやりながら、こうした事を常に考えることはとても重要です。

 

 

 

 

 

ターゲットは誰?

 

ところで、このページの文章を読んでいると、

 

 

 

あることに気が付きませんか?

 

 

 

そうです。

 

全体的に、企業に向けた文章となっています。

 

 

 

つまり、少なくともこのページでは、

 

ターゲットは企業なのです。

 

 

 

実は面白いことに、Chromebookの本家(英語版)ページでは、

 

 

この企業向けページ以外に、

 

 

「教室で、教育用として使える」という学校向けのページと、

「FOR EVERYONE(どなたにも)」という総合的なページがあります。

 

 

 

しかしやはり英語のページを見ても、

 

基本的なターゲットは企業・学校といった、団体である事がわかります。

 

 

 

単価が249ドルと激安なので、薄利多売を狙っているのだと思います。

 

 

それどころか、今後ほとんどの企業で導入されることを期待しているのでしょう。

 

 

 

ターゲットを絞ったら、それ以外の人のことは書かない

 

今回、一番言いたかったことはまさにこれです。

 

 

Chromebookのページでは、ターゲットが企業であるので、

 

 

最大のメリットである「費用対効果」について、

 

 

「会社で従来の PC の代わりに Chromebook を導入すると、

3年間に1台あたり平均で4,000ドル以上節減することができます。」

 

 

と書かれています。

 

 

 

 

会社にとって、どれだけ大きなメリットがあるかを説明しているわけです。

 

 

 

逆に言えば、会社にとってのメリットしか述べていません。

 

 

 

 

こうしたことからもわかるように、

 

 

 

アフィリエイトでも、情報を発信するターゲットを絞ったら、

それ以外の人のことを考える必要はありません。

 

 

 

「その人にとって何が有益なのか」だけを考えればいいわけです。

 

 

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

もしわからない事やご相談がありましたら、

いつでもお気軽にインフォ仙人までご連絡ください^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の記事があなたのお役に立てましたら、

↓↓是非とも応援クリックをよろしくお願い致します^^

※応援クリックって何?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

本日の名言

 

さて、本日の名言はこちらです。

 

『そんな馬鹿なことはできない』と誰もが思うことならば、

競争相手はほとんどいない

 

 

これは、Google創業者の一人であるラリー・ペイジ氏の名言です。

 

彼は、36歳にして日本円で約1兆円の純資産を持っていると言われる、

まさにITビジネスの成功者です。