どうも、インフォ仙人です。

 

今日は「リズム感」に関するお話です。

特に、文章でのリズム感ですね。

 

 

なぜリズム感が大事なのか?

これは会話でも同じですが、

人に何かを伝えるためには、

相手の「聞くリズム」に合わせていく必要があるからです。

 

 

もちろん、読む人全員に当てはまるリズム感なんてありませんが、

相手の事を考えない文章など、

ただの自己満足に過ぎません。

 

 

これは相手に何か指摘をする時も同じです。

 

自分の経験だけからくる意見や、

「常識」などという枠にとらわれた身勝手な文章は、

相手に何も伝えることができません。

 

 

 

対話相手の波長に合わせて伝えましょう。

 

 

 

つまり大事なのは、

あなたが書く文章が誰に向けたものなのか?

ということです。

 

 

「ターゲットは具体的に。」

などとよく言われますが、

ターゲットを明確にするだけではなく、

 

その人が聞き手だとして、

自分の言葉に対してどんな反応を示すのか、

どんな風に捉えるのか、

ということをきちんと考える必要があります。

 

 

 

 

例えば、

「この動画はすごく面白いから是非見てください。

ペットの猫がいたずらをして、

その後に自分を撮影している飼い主に気が付き、

バツの悪そうな顔をする面白い動画です。」

 

と言われて、

その動画を観たくなるでしょうか。

 

 

猫好きの人は観たくなるかもしれませんね(笑)

 

 

 

例えば猫好きではない人に訴えかける場合、

こんな書き方もあります。

 

「猫は好きですか?

今からご覧いただく動画は、

“いたずら猫”のミミが大活躍?する動画です。

特に、最後の表情は必見ですよ!」

 

いかがですか?

 

後者の文章の方が、

なんだかワクワクしませんか?

 

 

もちろん内容の差もありますが、

口調や話のリズム感を感じ取ってください。

 

 

文章に対して相手がどのように反応するか?

 

 

改めて考えながら文章を読んでみてください。

 

 

 

「猫は好きですか?」

から始まる文章は、

続きを読みたくなりませんか?

 

 

 

その理由は、相手との対話があるからです。

 

文章にリズムがあるんです。

文が生きているとも言えます。

 

 

「猫は好きですか?」

と聞かれたら、

無意識にイエスかノーで答えますよね?

 

もちろん、心の中で。

 

 

そうすると、

どちらの答えになっても、

次の文章は読みたくなるものです。

 

 

なぜなら、文章の対象が筆者ではなく、

読者だからです。

 

 

 

最初の文章では、

自分の感想を身勝手に述べているだけで、

対話が成り立たず、

リズムもへったくれもありません。

 

 

後者では対話があります。

 

 

このように、聞き手の反応を想像しながら

文章を書くことが、

何かを伝える際には非常に重要なのです。

 

 

 

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事を読んでいただけましたら、

応援クリックをよろしくお願い致します^^

※応援クリックって何?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~