どうも、インフォ仙人です。

 

最近、スマートフォンが普及してからは、

やけに携帯ゲームが流行って、

制作会社が一部上場企業になるまでになりましたね。

 

でも、携帯ゲームって私の世代からすると、

いわゆるガラケーの時代からあるんですよね。

でもなぜスマホになってから流行ったのでしょうか??

 

皆さんはどう思いますか?

実は私には答えの1つじゃないかという考えがあるんです。

 

今日も応援クリックをよろしくお願い致します^^

※応援クリックって何?

 

「スマホだから」じゃないのでは??

私が思うに、

それは「スマホだから」という理由ではないと思っています。

 

というのも、

スマホが出る前から携帯ゲームはかなりたくさんありましたし、

学校では流行ったりもしていました。

 

しかし、スマホの時代になって、

「アプリ」という名前になってから、

どうも流行り方が尋常ではなくなりましたよね。

 

以前は「ゲームなんて…」と言っていた世代が、

夢中になったのがポケモンGOですよね。

 

ゲームをバカにしていた時代に戻って、

謝ってほしいくらいです…なんて(笑)

 

それは置いといて、

私はこの流行りがスマホが原因ではなく、

SNSではないかと思っています。

 

つまり、

「広がり方の速度が圧倒的に加速したこと」

ではないかと思っています。

 

もちろん、スマホのゲームのクオリティが上がっていることも知っていますし、

それを再現するだけのスマホのスペックがあることもわかっていますが、

そもそも流行るというのは、

口コミが大半だったわけです。

それが携帯ゲームでも。

 

しかし、昨今は口コミが

「ネットでの他人の意見」も含まれてしまう

(むしろそれがメインとされている)ので、

流行りが進むスピードが尋常では無いんですよね。

 

今起こっている事象などについて、

たまにこうやって落ち着いて考えてみると、

自分なりに見えてくるものがありますね。

 

それが正解かどうかではなく、

自分がビジネスや人生について考える根本的な軸が何なのかを

考える機会になりますから、

たまに時間があるときにでもやると良いかもしれません(・∀・)

 

 

 

記事を読んでいただけましたら、

応援クリックをよろしくお願い致します^^

※応援クリックって何?